出ましたね!!9秒台。

9月9日(土)福井県営陸上競技場で行われた陸上:日本学生対校選手権。

男子100メートルで日本人初の9秒台となる9秒98桐生祥秀選手が記録。

桐生祥秀選手9.98

レース後のインタビューで「足に不安があって、コーチとギリギリまで相談した。出るってなれば、肉離れしてでもスタートからいかないと、と思っていた。多田くんの調子も良かったので。出るならけがしてもいいぐらいの気持ちで前半から飛ばしました」と、出場自体を迷っていたようです。

 

なるほど!!

 

と思いました。

 

ベストコンディションだと、返って「力み(りきみ)」につながることがある

今回のコンディションでは、そういったことが一切なく、勝つことは意識していたのかもしれませんが、タイムは意識していなかったんじゃないかなと推測されます。

それが返って、体にも心にも「力み」が無く、ブレーキをかけることなく走れたのではないでしょうか。

 

これから、日本人にとって、10秒は「壁」では無くなった

この壁が無くなったことによって、続々と9秒台の選手が現れるでしょうね!

これからも楽しみですね!

 

そういえば、織田記念陸上2014を観戦したとき、決勝は棄権していたなぁ。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから