産後の尾てい骨付近の痛み 骨盤が開いている

(30代、女性、主婦)
2週間前から右の尾てい骨付近(右おしり仙骨近く)が疼くように痛くなった。

3週間前に出産し、自分では調子が良かったので早く体型を戻そうと、赤ちゃんを抱いて階段を上り下りしていた。

じっとしている大丈夫であるが歩くと痛みが増す。

整形外科を受診したところ、レントゲン撮影など行い「出産後、骨盤等が開いていることによる一過性のものだろう」と言われ、ロキソニンとサポーターを処方された。

また整骨院では、電気を当てウォーターベッドに横になっていたが変化が無かった。

臨月には足の付け根や太ももの内側や外側につるような感じがあった。

 

(担当カイロプラクターの見解)
歩幅が狭く少し前屈みで歩いて来院されました。
仙骨の右側や股関節の前側に強い圧痛が見られ、体を反らしたり左に倒すと痛みが増しました。

この方は、右足に重心をかけやすいバランスとなっていて、臨月の体が重たい時期や出産後の抱っこも右側に重心が乗りやすく、症状となったと考えられました。

そのため、アンバランスな状態を指示している神経の働きを正常にするため、骨盤や背骨、その周辺の筋肉の施術を行いました。
また、育児中の体勢や抱っこの仕方などをアドバイスしました。

2回目の問診時には、治療翌日からだいぶ普通に歩けるようになったとご報告を受けましたが、再発が不安ということで、その不安を取り除く施術を加えました。

3回目には普通の歩き方だけでなく、早歩きもできるようになりました。
(No.85)