テレワーク(リモートワーク)による首と肩こり

(40代、男性、会社員)
2週間前くらいから、いつもは感じない首と肩こりを感じ始めた。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅でテレワークを行っている。

ノートパソコンでの資料作成や入力作業、加えてオンライン会議、資料もプリントアウトできないためモニターをずっと見ていた。

(担当カイロプラクター)
首周辺や肩、背中の筋肉が緊張して痛みを伴っていました。
首の動きに制限は無いが少し張りを感じていました。

自宅に机と椅子がありましたが、ノートパソコンの位置が低いうえ、通常勤務よりも多くの時間、モニターに釘付けだったため、顔が前のめりになり首や肩、背中が張りやすい状態が続き、筋肉が緊張したと考えられました。

そのため、背骨などの矯正を行い、神経が正常に働けるように全身を整え、首や肩の筋肉の緩和などを行いました。

また、テレワークでのパソコンの位置などのアドバイスを行いました。

1回目の施術後には痛みや張りは無くなり、1週間後の再来院時にも症状はありませんでした。
(No.91)

※ テレワーク(在宅勤務)による症状と解決策