「腱鞘炎」と診断された右手首の痛み

腱鞘炎 手首の痛み

(20代 女性 栄養士)
1週間前から急に右手首が痛くなった。
整形外科では、「腱鞘炎」と診断され「使いすぎだから安静にして」と言われた。

栄養士の仕事で、包丁を使うことやバット(皿)を右手で持ったまま移動することが多い。

特に手を小指側に曲げると手首全体が痛い。

 

(担当カイロプラクターの見解)
手首の関節自体は問題ありませんでしたが、右前腕の筋肉がとても硬くなっており、痛みを伴っていました。

栄養士としての作業中の手首の使い方の問題により、手首の動きに関わる筋肉の緊張が生じることで症状となったと考えられました。

そのため、前腕の筋肉の緩和を中心に行い、それに関わる首や背骨などの調整を行い神経の働きを正常にしました。
また、仕事中での手首の使い方についてアドバイスを行いました。

1週間後の来院時には、右手首の痛みは消失していました。
(No.81)