吐き気を伴う慢性的な肩こり

(30代、女性、OL)
10年以上前から肩こりがある。

学生時代もたまに肩こりはあったが、社会人になって毎日肩こりを感じるようになってきた。

パソコンを使ったり、夕方になってくると悪化する。
仕事が休みであったり、パソコンを使わない日は楽である。

仕事が続くと、首から肩がさらに張ってきて、気持ち悪くなり吐き気を伴うようになる。

目の疲れからきているのではないかと思う。

 

(担当カイロプラクター)
姿勢検査では右肩が下がっていたり、座ると背中が丸くなり猫背になりました。首や肩周辺の筋肉は緊張しており、首の可動検査では、前に倒したり、首を反らすと首から肩にかけて張った感じが増し、側屈(横に倒す)と反対の筋肉が張っていました。

この患者さんは、仕事で1日中パソコンに向かって座っており、その時の姿勢は丸くなって顔を突き出した感じで悪いため、首の関節や周りの筋肉に負担がかかりやすく、筋肉の緊張や関節の動きが悪くなり、症状が生じたと考えられました。

首や肩の筋肉の緊張を緩和して、首の関節の可動性をつける施術を行い、仕事中の姿勢や予防策をアドバイスして、6回目くらいまでに症状が徐々に軽減し、12回目の施術で改善されました。
(No.20)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから