股関節が開きづらい

(30代、女性、看護師)
スポーツジムにてピラティスのクラスを受講している際に、右の股関節が開きづらいことに気がついた。

あぐらをかくのもつらいが、痛みがすごくあるというわけではなく、気になる程度である。

以前に左膝に関節鼠が現れ、痛いことがあった。

 

(担当カイロプラクター)
股関節は左側は正常に可動していましたが、右側の外旋(あぐらのように股関節を開く状態)約20°と制限されていました。

股関節の問題に加えて、骨盤や腰部の問題もあったので、筋肉の緩和や関節の可動性をつける施術を行い、 神経が正常に働くように左右のバランスを整えました。

回数を重ねるごとに可動域も広がり、7回目の施術では左右の開きが均等になりました。

患者さんは畳の上での生活が多く、 椅子などを使わずに女の子座り(正座の状態から足を横にする)やあぐらをかくことが多いため、施術に加えて生活の中での改善点をお伝えしました。

現在も健康な身体を維持するために、スポーツジムに通いながら、予防のために通院されています。
(No.3)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから