頭痛を伴う肩こり

(30代、女性)
以前より、肩こりや頭痛があり、目の奥から頭の上にかけてズーンと重い痛みだったここ1週間くらいでひどくなっており、ムカムカする吐き気もするようになってきた。

1週間前には、いつもにはない立ち仕事を行い、気をいつも以上に使っていた。マッサージに数回行き、いつも楽になっていたが今回の症状は良くならなかった。

 

(担当カイロプラクター)
姿勢検査では、頭が前方に突き出ており、背中も丸まっていました。可動域の検査では、屈曲(前に倒す)で少し気持ち悪くなり、伸展(反らす)では首の真ん中に痛みを生じました。
触診検査において、首や肩の筋肉の緊張をはじめ、首の付け根(髪の毛の生え際)が特に緊張し圧痛を伴い、頭痛も増しました。

この患者さんの場合、頭が前方にあることによって、 首や肩の筋肉の緊張が増したこと、首の関節の可動性が低下したことなどによって、症状が生じたと考えられました。

3回目の施術時には、ほとんど頭痛もなくなり、肩こりも軽減されました。
特に前方に出やすい頭を戻しやすくするアドバイスを行い、症状改善の施術から予防を目的とした施術に移行中です。
(No.8)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから