頭痛を伴う首から背中にかけての痛み(ストレートネック)

(30代、女性、OL)
2週間前から右首すじに痛みがあり、右肩甲骨の内側、背中や右腕がだるくなって症状が強くなってきたので、整形外科を受診。

画像検査(レントゲン)を行い医師より「首のカーブが逆になっており、骨と骨の間が狭くなっているため、神経を刺激して痛みが出ている。」 とストレートネックの説明をうけ、牽引やマッサージ、エクササイズ、痛み止めの薬を処方される。

牽引は痛いような感じで、エクササイズをしていたら反対側の首が痛くなりはじめた。頭痛は頻繁に生じ、特にこめかみ付近がズキズキしている。

市販の薬は効くときと効かない時があり、マッサージも良いときと悪いときがあった。 現在(初回来院当日)は、右より左の首が痛くなっていて、じっとしていても痛い。

週末に症状は強くなり、丸1日何もしなければ次の日は楽になる。仕事の大半は、パソコンに向かっている。

 

(担当カイロプラクター)
姿勢検査では、首のカーブが少なくまっすぐ(ストレートネック)になっており、背中は猫背になっていました。
可動域の検査では、右側屈(首を右に倒す)は左の首がつっぱり、左側屈では右の首がつっぱり痛みを伴いました。触診検査において、首や肩の筋肉の緊張していました。神経学的検査は正常でした。

この患者さんの場合、からだを横から見た場合のS字カーブが崩れ、特に首のカーブがまっすぐになり円背(猫背)になっていたために、首から背中にかけての関節が正常に働いておらず、神経の働きも低下しており、首や肩の筋肉の緊張が増し、症状が生じたと考えられました。

1回目の施術後には、頭痛もなくなり、肩や首の痛みも軽減されました。
しかし、その後は症状が軽いものの再発し、4回目以降は頭痛は生じなくなり、8回目には症状は消失し、現在は再発防止のため予防の施術をおこなっています。
(No.11)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから