口が大きく開かない、顎の痛み

(20代、女性、飲食店勤務)
口をあけると、右の顎(アゴ)がはずれるような感じがする。また、くしゃみやあくびをすると、右のあごが痛い。

物を噛むときはそれほど痛くはないが、口を閉じたときに右の奥歯が当たっている感じがする。1、2週間前からきっかけはなく始まった。

それ以前に、2年くらい前におにぎりを食べようとして、あごが痛くて食べられなくなったことがあったが、放っておいたら治った。
首のつっぱり感や痛いことが3年前くらいからある。虫歯など歯の異常はない。

 

(担当カイロプラクター)
問診中、口が開きづらく、しゃべりづらそうでした。姿勢検査では、全体的に前傾していて、顔が前に出て顎を突き出していました。
視診では、上下の前歯の位置がズレていました。可動検査では、口を開けると右斜めに動き、 顎を左右にスライドさせると右に行きづらくなっていました。
首の可動検査では反らすと前側がつり、左側屈(左に倒す)と左首の痛みと右首が張り、左回旋では右の首が張り動きづらくなっていました。
触診では、右側の頬の筋肉の緊張と圧痛、首や肩周辺の筋肉は緊張していました。

この患者さんの場合、顎の症状よりも先に首の痛みなどがあったり、姿勢が悪いために顎の位置が正常ではないことから、 顎自体の問題だけでなく、姿勢など身体の問題からも生じていると考えられました。

そのため、顎自体の施術より先に、まずアゴより下の身体を正常に戻すことから始めました。
施術のほかに、良い姿勢の方法や噛み方などのアドバイスを行いました。 徐々に変化が出始め、8回目の施術で改善されました。

顎関節症など、顎の問題は、あご自体だけでなく、身体全体を含めた問題が存在する場合が多くあります。
顎のトラブルを抱えている方は、自分の姿勢や、アゴ以外の身体の問題がないかどうかチェックしてみてください。
そうすれば、歯医者さんなどで行う顎だけの治療で良いのか、カイロプラクティックなど身体を含めた施術が良いのか、どちらが良いのかの目安になると思います。
(No.21)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから