歯の矯正中、悪化した片頭痛

(30代、女性)
1年前くらいから片頭痛があり、ひどいときには吐き気を感じていた。

半年前から歯の矯正をしており、1週間前に奥歯が動いて痛くなり、それを矯正していると頭痛が強くなった。
歯医者さんからは「動いているので少し痛みは我慢してください」と説明された。

学生の頃から首や肩こりはあり、数年前から骨がずれているのではないかと思うようになった。
マッサージはよく行っていたが、そのとき良いくらいだった。

 

(担当カイロプラクター)
姿勢は、猫背で頭が前方に出ている状態でした。首の動きの検査では、特に伸展(反らす)での痛みが出ました。
首や肩周辺の筋肉は全体に緊張しており、頭の付け根を押すと頭痛が同じように出ました。 神経学的検査や整形外科学的検査などは、問題ありませんでした。

歯の矯正による影響のほかに、姿勢が悪く、首や肩に負担がかかっていることも影響し、 首にサブラクセーション(神経・関節の異常)や筋肉の緊張が生じて症状となっていると考えられました。

首など硬くなっている筋肉の緩和や神経が正常に働けるように首を中心に背骨の矯正を行い、また、姿勢などのアドバイスを行いました。
徐々に頭痛がなくなり3回目の問診時には頭痛が出ておらず、歯の矯正ももう少しで終わるとご報告いただきました。

歯の矯正だけでなく、骨折時の松葉づえなど、本来使わないはずの装具や道具を使うと、カラダはアンバランスになります。それによって、痛みなどの症状が伴うことがあります。 そういった場合、今回のように装具をつける必要がある治療を継続しつつも、痛みなどの不快な症状を改善することが可能です。
(No.56)