小学生の猫背

(10歳、男の子、小学生)
小学校の健康診断で猫背と言われた。

背中の丸みも気になるが、両肩が前に出ているのが最も気になる。

体育やスポーツでやりづらいことなど無いが、喘息がある。

 

(担当カイロプラクター)
姿勢検査では、猫背(特に背中の真ん中から腰にかけて)が見られました。
また、自覚の通り両肩は前方に変位し、左肩より右肩が高くなり、ウエストにも左右差がありました。立位(立つ)が落ち着かず、安定した姿勢がとれずにいました。

首や骨盤をはじめ、背骨の関節の動きが悪く、神経の働きがスムースに行われいないため、姿勢を安定する働きが低下していると考えられました。

そのため、硬くなっている筋肉の緩和や背骨の関節の動きを正常にして神経が働けるように施術を行いました。
施術後、立位での安定が回復し、少し良い姿勢をとることができました。本人と同伴された母親に家庭や学校で行う姿勢に関するアドバイスを行いました。
2回目の施術後には、猫背は解消し、肩の高さ均等、ウエストラインも均等となり改善されました。
(No.39)