出たり出なかったりする「花粉症」

(40代、男性、会社員)
約18年前に花粉症になり、その後2年くらい発症しない期間があり、転勤後に再発。 この18年間の間に、症状が出たり出なかったりしていた。

初めて発症したときの仕事の内容が、山(杉林)での作業で、黄色い花粉がよく舞っていた。 止まっていた2年間は、事務仕事がメインだった。

今回の症状は、鼻水、涙、頭が重い。薬を飲んでいるが、眠くなるのでイヤだ。 4月に転勤する予定である

(担当カイロプラクター)
別な症状で来院されておりました。

よく話を聞いていくと、杉林での作業に良い印象はなかったことや症状の強く出る年は、転勤などがあったことが分かり、心理的な要素が含んでいる可能性があると考えられました。

まず、身体の働きを正常にするために、緊張ている筋肉を緩和する施術や背骨など関節の動きを正常にして神経が働けるように背骨の矯正を行いました。

その後、当院でのいわゆる花粉症に対しての説明を行いました。 ご本人がメンタルの問題に気づかれ、次の来院の際には、「鼻水がその日に止まってびっくりした」とご報告いただき、その他の症状もほぼ消えていました。

ご本人の気づきが早期改善につながった良い例だと思います。
(No.42)