「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された腰痛

(20代、男性、自動車学校教官)
1週間前に、自動車学校の生徒が運転する助手席に乗車しており、その際に生徒が急ブレーキを踏み、降車すると突然、腰に激痛がはしった。だんだん痛みは増し、座っているのが特につらい。

病院(整形外科)を受診したところ、MRI検査にて「腰椎の4番目と5番目の間の椎間板が出ている。
手術の必要はまだないが腰部椎間板ヘルニア。」と診断され、「1~2週間は仕事を休んで安静にするように」と説明されたそうである。

既往歴として、7年前にも腰痛になっており、そのときは、左足のしびれを伴い、椎間板ヘルニアの手術を行なった。その後数年間は、何事もなく良かったそうである。

 

(担当カイロプラクター)
触診検査において、腰部の筋肉の過緊張と圧痛、右臀部(おしり)の圧痛、腸腰筋(股関節の前のあたり)の圧痛が顕著に見られました。姿勢検査では、腰部の後弯(猫背)が座位で特に目立ちました。

腰部の可動域に目立った制限は無かったものの、左右側屈(体を横に倒す)、伸展(体をうしろに反らす)で腰痛を再現しました。

神経外科学的検査では、左足のS1領域(足の甲の小指側)が右足に比べて触覚が若干低下していました。患者さんは、過去に腰椎ヘルニアの手術をした経験があり、元々背中が円背(猫背)になりやすかったことが予測できました。

この状態にさらに、仕事の関係で、座っていることが多く、また自動車のために振動も加わったために、腰部に対する負担が増したために生じた可能性が高いと考えられました。

そのため、特に仕事中に気をつけていただきたい姿勢などのアドバイスを主に行い、緊張している筋肉の緩和や腰部や骨盤の関節に可動性をつける施術を行いました。

症状が強かったため、翌日も来院していただきましたが、症状はほぼ改善しており、3回目の治療では症状が消失しました。

患者さん自身、ヘルニアと診断されたのは2回目であり、再発してほしくないということで、再発防止のため1~2ヶ月に1度来院されています。
(No.5)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから