手術をすすめられた「腰椎椎間板ヘルニア」

(20代、男性、製造業)
4ヶ月前から左足全体に痛みとしびれがあり、1ヶ月前くらいから1日中症状がでるようになってきた。

最初は痛みと足がつるような感じであったが、最近はチクチクした痛みやジワーっと冷たいのか熱いのかよくわからない感じに変わってきた。左足で特に、太ももの前側とふくらはぎに生じる。

腰に痛みはないが、足の指先はしびれている。

あぐらや歩くと痛みが増し、特に仕事(ほとんど立っている)のあとは、50mくらいしか歩けず、休むとまた歩けるようになる。

整形外科を受診し、「MRI検査で腰の4番目と5番目の間の椎間板が左側に出ており、腰椎椎間板ヘルニア。あまりよくないなら手術をしましょう。」と説明を受け、痛み止めとリハビリとして温熱療法と牽引を処方される。

あまり効かない感じがする。
同じように手術をすすめらた知人が、カイロプラクティックを受けて手術をしなくてもよくなったと聞いて、来院。

 

(担当カイロプラクター)
MRI画像(持参していただいていた)で、腰椎4番目と5番目の間の椎間板が左後方に膨らんでいるのが確認されました。触診検査では、ハムストリングス(太もも後ろ側)、腸腰筋(股関節の前のあたり)の緊張がみられました。

腰部の可動域では前屈と左回旋で左太もも後ろ側に張った感じがみられました。整形外科学的検査では、SLRテストで左足が45度で太もも後ろ側に張りを感じました。神経外科学的検査において異常はみられませんでした。
筋力検査でも、低下している筋肉はみられませんでした。

この患者さんは、MRI画像で椎間板ヘルニアの存在は明らかでしたが、症状や検査から、ヘルニアだけが原因というのは考えにくいので、腰部や骨盤の働きが正常でないことや筋肉の緊張による問題も含めて考え、緊張している筋肉の緩和や腰部や骨盤の関節に可動性をつける施術を行いました。

1回目の施術で痛みは軽減しましたが、また痛みが出てるといったように4回目まで痛みの増減を繰り返していました。

患者さんの協力もあり、6回目の施術ではほとんど痛みも消え、再発もなくなり、9回目の施術で予防へと移行することができました。

このように、MRIなど高度な検査技術において診断がなされていても、症状の本当の原因がそこに写っているとは限らない場合もあります。そこで今回のような場合、『「椎間板ヘルニア」の存在は事実だが、症状の根本的な原因とは限らない。』と言えます。

しかし、カイロプラクティックも他の治療と同様に万能ではありませんし、手術やほかの治療がより適応する場合もあります。そのため、しっかり判断してくれる病院や治療院に通われることをおすすめします。
(No.14)

 

上記の臨床ケースに記載されている診断名は、専門医師によるものです。
その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから