ご不便をおかけいたしますが、HANDS-ONのブログ内「臨床ケース」に移行中です。合わせてご覧ください

実際に来院された患者さんの症状や施術内容などを紹介しています。ここに記載されている診断名は、専門医師によるものです。 その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

緊張型頭痛と診断された頭痛 NEW!

(30代、女性、会社員)
後頭部の痛み仕事が本社勤務になり忙しくなった7、8年前から肩こりがだんだん強くなり、2年前から頭痛が出始めた。

頭の後ろが硬くて痛みがあり、仕事が忙しいほどひどくなる。

肩こりは、いつも張っている感じでひどい時には、首が曲がらなくなる。

病院で「緊張型頭痛」と診断され、筋弛緩薬を処方してもらった。飲むと少しマシになるが完璧ではないので、薬を飲まなくても大丈夫になりたい。

 

(担当カイロプラクター)
顔が前に出ている姿勢をされており、首や肩の筋肉がとても硬くなっていました。

パソコンを主に使用するデスクワーク中も、背中が丸くなり顔を前に出すような姿勢が長時間続くため、首や肩の筋肉が硬くなり、その緊張によって頭痛が生じやすいと考えられました。

また、仕事中に緊張する場面が多く、それらの精神的な緊張感も筋肉の緊張を助長させていると考えられました。

そのため、首や肩周辺の筋肉の緩和やその筋肉を働かせている神経の働きを改善させる施術を行いました。
パソコンを使用する際の姿勢や気分的な対処法などのアドバイスやエクササイズをお伝えしました。

2回目の問診時には、すでに頭痛が軽くなっていると実感され、6回目には薬を飲まなくても大丈夫となっていました。
(No.96)

 

片頭痛と診断された頭痛(中学生頃からはじまった)

(40代、女性、事務員)
中学生くらいから片頭痛があり、この1年間でひどくなった。

脈打つような痛みが頭の左側にあり、気持ち悪く吐き気がすることもある。

現在では、10日に1回の頻度で出てきたり、生理前には毎日生じる。

肩こりや首のコリもある。

2年前には、脳神経外科で「首の骨が弱い」といったことを言われ、2日前の検査では「脳に異常はないので、やはり片頭痛」と診断され、現在も薬を飲んでいる。

あまりにもしんどくて、岩国だけどホームページとインターネットの情報でここが良いと思い来院。

 

(担当カイロプラクター)
首や肩の筋肉の硬くなっており、首の動かすとどの動きも首に痛みが生じていました。

姿勢も悪く、頭が前に出ており、首と頭の付け根が窮屈になっていました。
これらの姿勢によって、首の筋肉が硬くなり、頭にいく神経や血管が刺激されやすい状態にあると考えられました。

そのため、首周辺の筋肉の緩和やその筋肉を働かせている神経の働きを回復する施術を行いました。
仕事中の体勢などのアドバイスやエクササイズをお伝えしました。

3回目の問診時には、軽い頭痛に変わり、疲れにくくなったとおっしゃられ、4回目には、頭痛が消失していました。
(No.90)