オリンピックに魔物がいた。


前回のロンドンオリンピックで個人総合で金メダルを手にしたものの、団体では、らしくない試技で銀メダルとなった内村航平選手の報道ステーションでのインタビュー。


その魔物の正体は・・・


「オリンピックだから」

「世界選手権がオリンピックじゃなくてよかった」
といった、「オリンピック」というキーワード。
内村航平選手、五輪だから

そこで気づいたそうです。


魔物は・・・自分が作り出していた!


オリンピックの時だけ、最高の演技をしよう!とか特別視して、いつもと違う事を考えてしまっていたそうです。

 

これってすごい気づきですね。

実は、プロだけに限らずスポーツ選手の施術をするとき、これに似た話をすることがあるので、自分で気づかれるとはさすがだなと思ってみていました。

いろいろなピンチを自分の心、意識、感情など自分で作っている場合がとても多いのです。


もちろん、スポーツに限っての話ではありません。

会社などでの人間関係やストレスなども「自分が作り出す」ことが原因である場合が多々あります。
それでも、外部に原因を求めようとし、もっともらしい原因の排除に努める。
結果、変化があれば良いのですが、変化の無い場合も多い。

とてもしんどいことですが、
原因は「自分の中に」あるかもしれないと、目を向けてみると解決が早くなるかもしれません。

内村航平選手、自分のせい

今回のリオ・オリンピックでは、個人でも団体でも期待されています。

その中で、どう金メダルを獲得するのか楽しみですね!

 

アメブロもぜひご覧ください。(HANDS-ON Life)

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから