カナダ・モントリオールで体操の世界選手権が開催中ですね。

内村航平選手が棄権した中、個人総合初挑戦の白井健三選手は銅メダルを獲得!!

(画像:スポニチより)

そんな白井健三選手のTVでのインタビューも踏まえて、「失敗したときの5つの対処法」をお伝えしていきましょう。

 

試合中に「失敗」したら、次に同じことを繰り返さないように練習すると思います。

しっかり練習して、次の試合を迎えるとき、

あなたは、

「あれだけ練習したから、大丈夫!次は、失敗しない!」と思いますか?

それとも

「また失敗したら、どうしよう・・・」と考えますか?

 

心底「大丈夫!」と思える人は、当然成功する可能性が高いですよね。

「また失敗したら・・・」と思う人は、その不安で最高のパフォーマンスは出せない可能性が高い。

 

そこで、白井健三選手は、どう考えているのか?

 

「また失敗したら?」と思うことは、「あんまりない。」そうです。

 

揚げ足を取るようですが、逆に言うと、『少しはある』ということ。

そして、その気持ちがあっても良いということです。

 

当院に来院されるスポーツ選手の中に、プラス思考とか、ネガティブ(マイナス)なことは考えないようにと教わったことがあるようですが、これって、実はちょっと危険

臭いものに蓋をするように、本当の自分の気持ちを抑えつけてしまうこともあるんです。

ちゃんと、自分の素直な気持ちも認めてあげることがとても大切です。

 

さらに、白井健三選手は、

「自分の代わりは誰もいない!」
「自分にしかできないことがある!」
自分の結果がどうであれ「まわりに批判される必要もない!」
「これが自分の精一杯だったんだなと思う!」

さらに、
「大舞台で失敗すればするほど学ぶもの!」

「大舞台での失敗は自分を変えてくれる!」
など

技に自分の名前がつくほど、誰もやったことのない新たな技を生み出しているので、説得力がありすぎますね。

 

でも、これは、どんな選手も使えますね。

ただ、そのためには、自分が精一杯やったんだ!!という自信が必要でしょう。

 

まとめると、

1、失敗を繰り返さないための練習
2、不安な気持ちも素直に認める
3、自分の精一杯を出し尽くしたと思えるほど全力で
4、自分の代わりは誰もいない自分にしかできないことがある。と自分を信じる
5、失敗から学ぶことが多く、自分を変えることができるから、感謝する

 

いかがでしたか?

失敗は成功のもとですね!

 

 

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから