先日、イチロー選手と稲葉氏の対談がTV放送されていましたね。

プロ野球のオフシーズンに、ウエイトトレーニングによる肉体改造をしている選手が多かったので、稲葉氏がイチロー選手に聞いたもの。

inabaichiro

イチロー選手は、『日本でプレーしていた6、7年くらい筋力増加に励んだ結果、スイングスピードが落ち、シーズン初めに調子が上がらず、体重の減ってくる時期から調子が良くなった。』

その実体験を元に、人それぞれに持って生まれたバランスがあるから、ウエイトやって「バランスを崩してはダメ」ということに。

ichiro
このオフは、ダルビッシュ有投手はさらに7kgくらい増加したようですし、彼を師事する日本ハムの大谷翔平投手もウエイトなどによって筋力とともに体重増加、ハワイ自主トレでは中田翔選手が。

金本監督に代わった阪神タイガースはチームをあげてウエイトに取り組み、カープの選手もそうですし、多くの選手がウエイトトレーニングに取り組み、筋力とともに体重も増えています。
というより、筋力UPには体重増加が伴うんですよね。

私は、このオフシーズンに実際にプロ野球選手と関わり、また数多くの選手のウエイトトレーニングを間近で見てきました。

その選手たちのキャンプ、オープン戦はというと、ほとんどの選手が調子を上げていますよ。

続きもぜひ・・・「プロ野球で流行りの肉体改造に賛否 イチロー選手、ダルビッシュ投手②
(画像:報道ステーションより)

 

過去のブログ記事はこちら(アメブロ)

HANDS-ONカイロプラクティック
FUKUROMACHI
広島県広島市中区袋町4-6袋町五番館4F
ご予約:082-246-8439

TOYOSAKA
広島県東広島市豊栄町清武435-1
ご予約:0824-32-2248

WEB予約はこちらから