腰痛、肩こりの治療、スポーツ選手のケアは、広島市中区と東広島市にあるWHO国際基準の学位を持つカイロ治療院 HANDS-ONカイロプラクティック【ハンズーオン】へ

カイロプラクティックについて

カイロプラクティックを簡単に説明すると

症状の改善や健康増進のために、神経の働きを正常化し、自然治癒力を高めようとする自然療法です。

施術 アクティベータ

 

カイロプラクティックと神経

カイロプラクティックのイメージは関節をポキポキするイメージがあるかもしれませんが、様々な施術法があります。

いずれも、皮膚や関節などにある神経*1の受容器(センサー)に刺激を加えているのです。

適切な刺激を加えることで、異常だった神経が正常に戻り始め、自然治癒力*2が再び正常に動き始めると、健康を取り戻せるようになっていきます。

 

*1 神経は、脳からの命令を身体全体に伝えたり、身体の痛みなどの情報を脳に伝えたりとても大切な働きをします。
神経が正常に働くことで、体を治す能力を最大限に発揮することができます。

*2 自然治癒力は、本来身体に備わっている治す力です。

 

 

カイロプラクティックの誕生

カイロプラクティックは1895年、カナダ人のダニエル・デビット・パーマー(1845~1913)によって、アメリカで誕生しました。

17年間難聴であったハーヴェイ・リラード(Harvey Lillard)という男性の背骨が飛び出ていることに気づき、それを矯正しました。
この背骨の矯正により、聞こえなかったリラードの耳が聞こえるようになったのです。これがカイロプラクティックが誕生した瞬間であり、最初のアジャストメント(矯正)でもありました。

その後、心臓病を患っている人にも同じような行為を施したところやはり症状が改善しました。パーマーはこれらの体験から病気と背骨には何らかの関係性があると考えるようになったのです。

(Daniel David Palmer 1845-1913)

 

カイロプラクティックの発展

D.D.パーマーは、最初のカイロプラクティックスクールをダベンポートに開校しました。当時の教育は数か月間で簡単なテクニックと解剖学や生理学などを中心に教える程度のものでありました。(現在は大学教育)

その後、息子のバートレット・ジョシュア・パーマー(Bartlett Joshua Palmer)に学校を引き継ぎました。

B.J.パーマーはより質の高い教育を目指し、レントゲンを導入するなど、より科学的なものにしました。また、カイロプラクティックを全国に広めるためにラジオ局を作り、それを使って大々的に宣伝し、広がっていきました。

(Bartlett  Joshua  Palmer 1882-196)

現在のカイロプラクティック

カイロプラクティックは全世界へ普及し、世界34カ国の国と地域で法制化され医療分野でのヘルスケアとして認められています。

WHO(世界保健機構)でも代替医療として正式に認められています。
残念ながら、日本ではカイロプラクティックの法制度は整っていません。

法制化されている国でカイロプラクティックを行うには、WHO基準(4200時間以上・4年制以上など)と呼ばれる基準に準じた大学を卒業し、国家試験に合格する必要がありますが、日本にはその必要がないため、同じ「カイロプラクティック」という看板を掲げていても、カイロプラクティック教育を5年以上受けた方もいれば、数週間の方もいるなどその中身は様々です。

どんな先生が行っているのか、しっかりと調べてご自身が納得されて、施術を受けられることが推奨されます。

 

「ホームページを見て」とご予約ください TEL 代表:082-246-8439

PAGETOP
Copyright © HANDS-ONカイロプラクティック All Rights Reserved.