ご不便をおかけいたしますが、HANDS-ONのブログ内「臨床ケース」に移行中です。合わせてご覧ください

実際に来院された患者さんの症状や施術内容などを紹介しています。ここに記載されている診断名は、専門医師によるものです。 その他の見解はカイロプラクティック的評価に基づいて行なっております。

 

「自律神経失調症」と診断された全身の緊張感、胃の痛み、肩こり NEW!

(20代 女性 事務職)
肩こりや頭痛、胃の痛みがあり、7年前に内科や脳神経外科、心療内科などを受診して、「自律神経失調症」と診断された。

今は胃がキリキリ痛んだり、肩こりや頭痛もあるが、一番困っているのは、急に体が緊張してこわばることである。

全身のこともあれば肩だけなど部分的なこともあり不定期に生じてしまう。
緊張しっぱなしの時もあれば、そのあと半日くらい力が入らないこともある。
(人前で何かの発表をしたあとに足が震えて力が入らない状態に似ている)

現在も心療内科での処方薬を飲んでいるが良くも悪くもない。

(担当カイロプラクター)
触診では、痛みよりくすぐったさが優先され全体的に体は緊張があった。首や腰などの可動性や整形外科学的検査や神経学的検査に異常はなかった。

カイロプラクティック特有の検査ではサブラクセーション(神経の働きの異常)があった。

この方の場合、普段の生活の中で不安になることが多く、自律神経が乱れやすい状態になっていました。
自律神経にも関連するサブラクセーションを取り除くことで自律神経の働きが正常に働くようになり症状が軽減していくと考えれました。

神経の働きを正常にさせる施術と筋肉の緩和、普段の生活での体の使い方や気持ちの持ち方などをアドバイスしながら、4回目には「ふつうになってきている」と言われ、仕事の忙しさに影響され波はあったものの、10回目には、いやだったことを思い出しても大丈夫だし、胃も大丈夫でよく食べている」と仰るほどに回復されました。
(No.97)

 

「花粉症」 高校生の頃に始まった

(30代、男性、会社員)
高校生の頃から、花粉症の症状が出始めた。
症状は、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主。

(担当カイロプラクター)
別な症状で来院されており、ちょっとついでに花粉症へ施術を試してみましょうということで行いました。

施術直後から、鼻水をすする音が消え、鼻の通りが良いことにびっくりされていました。また、目のかゆみやくしゃみもごくわずかになり、不思議そうにされました。

次の来院の際には、「かなり軽くなったけど、まだ出ている」とご報告いただき、2回目の施術を行いました。
さらに花粉症3回目の来院の際には、「ほとんど気になりませんでした!」と、良くなっていました。
(No.66)

 

出たり出なかったりする「花粉症」

(40代、男性、会社員)
約18年前に花粉症になり、その後2年くらい発症しない期間があり、転勤後に再発。 この18年間の間に、症状が出たり出なかったりしていた。

初めて発症したときの仕事の内容が、山(杉林)での作業で、黄色い花粉がよく舞っていた。 止まっていた2年間は、事務仕事がメインだった。

今回の症状は、鼻水、涙、頭が重い。薬を飲んでいるが、眠くなるのでイヤだ。 4月に転勤する予定である

(担当カイロプラクター)
別な症状で来院されておりました。

よく話を聞いていくと、杉林での作業に良い印象はなかったことや症状の強く出る年は、転勤などがあったことが分かり、心理的な要素が含んでいる可能性があると考えられました。

まず、身体の働きを正常にするために、緊張ている筋肉を緩和する施術や背骨など関節の動きを正常にして神経が働けるように背骨の矯正を行いました。

その後、当院でのいわゆる花粉症に対しての説明を行いました。 ご本人がメンタルの問題に気づかれ、次の来院の際には、「鼻水がその日に止まってびっくりした」とご報告いただき、その他の症状もほぼ消えていました。

ご本人の気づきが早期改善につながった良い例だと思います。
(No.54)

 

小学生の猫背

(10歳、男の子、小学生)
小学校の健康診断で猫背と言われた。

背中の丸みも気になるが、両肩が前に出ているのが最も気になる。

体育やスポーツでやりづらいことなど無いが、喘息がある。

(担当カイロプラクター)
姿勢検査では、猫背(特に背中の真ん中から腰にかけて)が見られました。
また、自覚の通り両肩は前方に変位し、左肩より右肩が高くなり、ウエストにも左右差がありました。立位(立つ)が落ち着かず、安定した姿勢がとれずにいました。

首や骨盤をはじめ、背骨の関節の動きが悪く、神経の働きがスムースに行われいないため、姿勢を安定する働きが低下していると考えられました。

そのため、硬くなっている筋肉の緩和や背骨の関節の動きを正常にして神経が働けるように施術を行いました。
施術後、立位での安定が回復し、少し良い姿勢をとることができました。本人と同伴された母親に家庭や学校で行う姿勢に関するアドバイスを行いました。
2回目の施術後には、猫背は解消し、肩の高さ均等、ウエストラインも均等となり改善されました。
(No.48)

 

真っ直ぐ立てない!体のバランスがとりづらい

(30代、女性、事務職)
からだのバランスが全体的におかしく、左に傾いている感じがして真っ直ぐ立っていられない。約1ヶ月前に姪と遊んでいる最中、首を蹴られた。

このとき首の骨がズレた感覚があり、違和感がずっと残っている。首を動かすとズキンッと痛くなる角度があり、頭を締めるけられるような痛みが時々ある。

以前にも首は似たような症状を経験しており、カイロプラクティックの治療で治ったので来院。

(担当カイロプラクター)
姿勢検査では、左肩下がりになっており円背(猫背)がみられました。首の一番上にある骨(環椎)が左に飛び出ているように触れやすくなっており、可動性も失われていました。

これによって脳からの命令を神経が伝達するという正常な働きが低下し、症状となったと考えられました。

首と頭の付け根の動きの悪い関節を正常に働かせる施術や緊張している筋肉の緩和、骨盤矯正を行いました。
1回目の施術後には、まっすぐ立っているという感覚になり、客観的にも姿勢は正常になりました。

その後は、初回来院時のような大きな傾きが出ることはありませんでしたが、少し片足で立ちづらいなどの症状と軽減を繰り返しつつ、7回目の施術後以降には症状がでることは無くなりました。
(No.43)